ブログ

不要なものを産業廃棄物として不法投棄されないために

不要な物を処分してもらうには、悪質な業者に依頼しない事が大原則です。
不用品回収の業者の中にも、時々悪質な業者がいます。
こういった業者は、様々な手口で利用者をだまそうとしてきます。
彼らが使う手口の中で一番一般的なものは、車で住宅街を巡回しながら無料で要らないものを回収するとうたって客を呼び寄せておいて、実は有料だと言う手口です。
実際、私の周りにもこのような手口に引っかかった人がいて、無料と宣言しながら巡回していた車を呼び止めて不良品の回収をしてくれと頼んだら、途端に有料だと言われ、がっかりして帰ってきたという話を聞いたことがあります。
その他にも、車に先に回収するものを積んでしまってから見積もりの2倍の額の回収料金を請求したり、回収して欲しいと依頼していないものまで勝手にトラックに積まれてその分の料金まで請求された、回収料金が高かったためキャンセルしようとしたが暴言を吐かれるなどして脅され、断りきれずに料金を払ってしまった、というトラブルがあります。
これらのトラブルよりもさらに悪質なケースでは、業者が回収した不用品が、産業廃棄物として不法に投棄されていたというものまであります。
不用品として出したものを勝手に業者に不法投棄されないためには、一定の基準を満たしている優良な業者に不用品の回収を依頼するのが一番良い方法です。
粗大ゴミやいらなくなった物の回収を業者に依頼するときには、一般廃棄物収集運搬業許可を取得している業者を選ぶとよいでしょう。
また、無料でごみを引き取る、格安料金などの言葉にだまされないことも大切です。
こういった業者に不用品の回収を頼むとトラブルに巻き込まれやすくなるので注意しましょう。
見積もりをしてみたら金額が曖昧だった、という業者にも不用品回収は依頼しない方が無難です。
見積もりが曖昧な業者は高額請求をしてくるところが多いからです。
業者が不法投棄を行っていないか、回収したものを適切に処理しているかきちんと確認をすることも重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

京都の出張買取専門リサイクルショップ

* * * * * * * * *

新着情報

ページ上部へ戻る